合気道とは



■合気道について■

合気道は柔道や空手道と、どう違いますかと、
しはしば質問されます。
昔は徒手でやる格闘技すべてを柔(やわら)とか
柔道と言っていました。
明治時代になって講道館の加納治五郎先生が柔術の
袖・襟を持ち合う技や
寝技の抑え技を中心にスポーツ化し、
競技できるようにしたのが、柔道です。
また、空手道は沖縄や中国から伝わってきた突き、
蹴りなどの当て身を主体にした武道です。
しかし、柔術の中には、
スポーツ化できない良い技が大変多くあります。
これを日本独特の稽古法に、
さらに精神面を加えて研究された植芝盛平先生が、
時代・流派を越えて新しく創始された武道が合気道です。




■合気道の修行の目的■

合気道の稽古風景を見ていますと、
まったく舞を見ている感もあります。
リズムにのった無理のない動きは、
およそ武道のイメージから、かけ離れています。

しかし、合気道は武道ですから、どんな場所、
どんな体勢で相手の攻撃を受けても
一瞬に相手を倒すことができねばなりません。

しかし、合気道の本来の目的は正勝吾勝といって
正しいことを実行し、 自分に勝つことにあります。
相手に勝って自己満足するために 相手を投げるのではなく、
修行中の自分を磨く砥石として投げ、投げられつつ修業して行くのです。
愛と和合と真心によって正しい心身の持ち主を一人でも多く
育て上げて世に送り出すことにあります。




■合気道の技■

合気道においては、柔道や相撲のごとく組むのではなく、
一瞬体を触れた時にはすでに技が決まった時なのです。
お互いに離れ、間合いを取りながら、
なんら動きの制限もなく自由自在に変化し、
組み合い揉み合うこともありません。
捌(さば)きは腰を基点としに、
つねに切れ目なく柔らかな円運動をとり、
自然で無理のない動きです。

初めて学ぶ人は基本動作として、
受身,構え,間合い、入身(いりみ)、
転換の捌(さば)き、力の使い方、気の流れ、
基本投げ技、基本固め技、
呼吸力の養成を立技、座技(すわり)、
半身半立(座っている時に攻撃された時の技)などで
鍛錬関連し、だんだんと高度な技に入っていきます。




■子どもと合気道■

教育は、知育、徳育、体育、常識の涵養から成り立たねば、
立派な人間を生み出し得ないと思われます。
現代の子供たちは、その環境のためもあって、
自ら運動することができにくくなっています。
たとえば、遊び場の不足・交通戦争・ 受験勉強・テレビの見すぎなどが
その原因としてあげられます。
合気道の稽古はこれら環境から生ずる、
子供たちの運動不足を解消すると同時に、
発育盛りの子供たちの心身を鍛え育むことに 寄与すると考えられます。
 
心和会では大人も子どももともにお稽古をしていますが
合気道の他道場などでは
週1−2回子供クラスを設け、
100 名以上の子供たちが稽古をしているところもあります。

心和会に限らず、お父さんお母さん方から、合気道を続けることで
体が丈夫になり、意志が強くなり頑張りがきくようになり、
勉強も一生懸命するようになったと、感謝のお言葉をいただいています。

また、合気道は礼に始まって、 礼に終わるといわれていますように、
礼儀も自然に身につくようになります。




■道場規則■

(1)礼儀、素直,互譲の道場規則にしたがい稽古すること
(2)会員証は必ず入場時に提出し、退場時に持ち帰ること
(3)会費は毎月初めの稽古日に納入のこと。
   納入後の諸費は原則として返却しない
(4)1か月以上欠席する場合は、
   事前にその旨申し出れば会費は不要
(5)3か月以上無届欠席(または納金なきもの)の場合は除籍します
(6)酒気を帯びて稽古はしない
(7)礼儀は正しく、規律を守り、指導者の教えには忠実に従う
(8)稽古は真剣に、素直に、
   けがやあやまちのないよう心がける
(9)稽古中の負傷または、その他の事故については、
   その場で応急処置はしますが、一切会員個人の責任とする


ページトップへ