合気道初心歌


一、
親指、膝、腰、中心軸、入身に転換、体捌き、
指先、手首に肘に肩、腰沈、力抜、呼吸力

二、 一二の三教、四・五教、四方に入身に天地投げ

三、 一腕抑え、二小手廻し、三教で小手を捻ります

四、
外廻しには内廻し、外気返しには内返し
トンネル潜るは大廻し、蹠頭(せきとう)軸に廻ります

五、
押さば廻れ滑らかに引かば廻りつつ入れよ
足は親指 手は小指、真人(しんじん)踵(くびす)で息をする

六、
入身は後足、相構え、転換前足、逆構え
かわし方はこの二つ、払ってかわして技掛ける

七、
合気の技の仕掛け時、その一「起り」は先の先
その二「受けたとき」対の先、その三後の先「尽きた時」

八、
合気修業の三段階、その一「守(しゅ)」は形(かた)、基礎稽古
その二は「破(は)」にして個性出し、
その三円転自在の「離(り)」

九、
一眼(がん)、二足(そく)に、三肝(たん)で
四力(りき)に、五は機で、六は計
七変、八正(せい)、九に法、十鍛、武道の十則ぞ

十、
千日父稽古を鍛(たん)となし、
万日稽古を錬(れん)として恐く疑惑の四病捨て、
求道(ぐどう)平常心(びょうじょうしん)是道(ぜどう)

十一、
入身一足(いっそく)、「三角」に、
「丸」く廻るは円転理
「四角」に抑える固成(こせい)の理、心身一如の合気道






ページトップへ