合気道について

2020年6月23日

合気道について

合気道は柔道や空手道と、どう違いますかと、しはしば質問されます。

昔は徒手でやる格闘技すべてを柔(やわら)とか柔道と言っていました。
明治時代になって講道館の加納治五郎先生が柔術の袖・襟を持ち合う技や寝技の抑え技を中心にスポーツ化し、競技できるようにしたのが、柔道です。
また、空手道は沖縄や中国から伝わってきた突き、蹴りなどの当て身を主体にした武道です。

しかし、柔術の中には、スポーツ化できない良い技が大変多くあります。
これを日本独特の稽古法に、さらに精神面を加えて研究された植芝盛平先生が、時代・流派を越えて新しく創始された武道が合気道です。

Posted by Ryuko